スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うp主失踪シリーズ

kakioki.jpg
シリーズ物の実況動画を途中で投げ出して投稿をやめてしまう実況者をよく見かける。

実況者達は何故志半ばでやめてしまうのか?

今回はそんなうp主失踪シリーズについて掘り下げてみようと思う。


モチベーションの維持が全て

91507a93f3ae74e9e20aac34396dc595.jpg
うp主が失踪する理由の99.9%がモチベーションの低下である。

誰しも最初は初期衝動と勢いでドンドン動画を作る。

しかし、しばらく続けているうちに必ず失速してくる。

これはもう仕方の無いことだ。

問題はそうなったときに逃げ出すか、耐え抜いてゴールするかの違いだ。

私の場合、モチベーションの維持はかなり高い水準で出来るタイプだと思っている。

私はシリーズ物の実況動画をやるときに必ず最終回を意識して投稿する。

「○○したらこのシリーズを終わりにしよう」

そんな風に常に頭の片隅で自分のゴールを意識する。

私にとっては実況プレイを納得のいくカタチで終わらせることもまた一つのゲームなんだ。

何より1番に言いたい事は動画の続きを楽しみに待っている人が何処かにきっといるってこと。

そんな人にきっちり納得のいくカタチを見せてあげたいと思うんだ。

私はそうやってモチベーションを保っている。

次項からはモチベーションが低下する原因について考えてみよう。


見てもらえない症候群

o0480032413620603109.jpg
いくらうp主が頑張っても、いくら面白い内容でも、全然再生数が伸びないなんてことはザラにある。

実況者は多くの人に見てもらいたくて動画を作る。

しかし、それが全然見てもらえないとなれば当然モチベーションは低下してくる。

シリーズ物の動画ならば尚更だ。

シリーズ物は本数が増える程に右肩下がりになるのだから。

そうしてやる気を失くした者達が失踪してゆく。

これは典型的なよくあるパターンであり、対処の難しいテーマでもある。

実況者なら誰だって多くの人に見てもらいたい。

「見てもらえないのなら、見てもらえるように努力してみよう」としか言いようがない。

サムネを変えてみたり、タイトルを変えてみたり、自分の出来ることをもう一度振り返ってみることが大事。

PS4のブロードキャストで垂れ流しただけで視聴者が増えると思ってはいけない。


見切り発車

magfdsxresdefault.jpg
次によくあるのはうp主が単純にゲームに飽きるパターンだ。

これも非常によくある。

特に新作ゲームを実況して4~5本動画を投稿して、それ以降パタリと更新が止まって失踪する輩の多さは異常だ。

彼らの多くはそれをゲームのせいにする。

やれシステムがめんどくさいだの、やれ操作性が悪いだの、やれストーリーが単調だの。

確かにそうかもしれない。

でも、それを理由に実況プレイを投げ出すってのはどうだろう?

続きを待っている人がいることをもう一度考えてみて欲しい。

飽きてやめるなら「このゲーム飽きたんで今回で最終回にします」って終わり方にしてあげるべきじゃないだろうか?

見切り発車するのは良いけど、着地しないで終わるなんて悲しいじゃないか。


どや編集の末路

img_0.jpg
次に紹介するのは編集技術の高い実況者が過剰な編集技術を駆使しすぎた挙句に編集するのがめんどくさくなって失踪に至るパターンだ。

主に編集技術が主体のゆっくり系動画に非常に多い失踪理由。

そう、編集は非常にめんどくさいのだ。

編集にチカラを入れていると膨大な作業量と長い時間が掛る。

しかし、一旦シリーズ化してしまったら途中から手抜き編集のクオリティに落とすことはプライドが許さない。

毎回編集が大変でなかなかゲームも進まない。

どや編集者が陥り易いパターンだ。

これについての回避方法は簡単。

「普段は全力を出すな」ってことだ。

特に第1話で全力を出しきって作ってしまったら、その後ずぅ~っと全力の編集をし続けなければならない。

そんなのめんどくさいに決まってるじゃないか。

全力の編集技術は必要なときにだけだせば良い。

なんでもかんでも、あれもこれも詰め込んでたらそりゃ~息切れするに決まっている。

有名な実況者でも毎回全力で編集にチカラを入れている人なんていない。

皆、チカラの入れどころと抜きどころをしっかりと見極めている。

楽しいはずの動画編集を嫌いにならない為のセオリーだ。


期待感からのプレッシャー

150309physiological_reason-thumb-640x360-85063.jpg
次に紹介するのはプレッシャーに負けるパターンだ。

人は欲深い

面白い動画の次は、もっと面白い動画を期待する。

うp主はそれに答えようとするが、残念ながらそれは簡単なことじゃない。

中途半端につまらない動画をうpしてファンに愛想を尽かされたくない。

だから続きが出せない。

これもよくあるパターンだ。

厳し過ぎる縛りプレイをした実況者は大抵この理由で消えて行く。

「奴が来る」で有名なあの幕末志士さん達も、「足マリオ」で有名なP-Pさんも「足アイワナ」で失踪した。

この問題の対処方法はただ一つ。

諦めない心を持て

ただそれだけだ。

例え数年単位で更新が滞ったとしても、諦めずにやりきった人はレジェンドとなる。

実況動画ではないが、私が感動したレジェンドの動画を一つ紹介しておこう。



この動画はシリーズ開始から約5年もの歳月をかけて200打を達成した伝説のシリーズだ。

諦めずに目標をクリアすればそのときは伝説となる。


共演者との温度差

151102_akiregame.jpg
最後に紹介するのは複数人で実況したときの話だ。

例えば仲の良いメンバー3人で実況を開始したとする。

しかし、そのうち1人でも飽きてしまうと途端に更新速度が落ちてしまう

仕方なく残りの2人で続けるが、動画の盛り上がりも減って一気に熱が冷めてゆく。

やがて更新も途絶え、最後は失踪へと至る。

これもよくあるパターンだろう。

そう、実況プレイを複数人でやると熱量の違いが更新頻度に大きく関わって来る。

例えば二人でプレイしていたとしても片方が何かと理由をつけて収録を引き延ばし、更新の頻度が落ちたりするのも本当によくある話だ。

この問題の対処法として私が推奨するのは「長くやるな」だ。

今まで色んな人と一緒に共演してきた結果、私が出した答えはこれだ。

お互いのスケジュールを合わせて…、毎回同じことをやって…、いつになったらこのシガラミから解放されるだろう…。

そんな風に相手に思われてしまったら終わりだ。

だから固定メンバーによる複数人プレイの長編シリーズは望ましくない

もし長編にするならガッツリ録り貯めしてやるべきだ。

初期衝動の熱量のあるうちに動画だけ全部録りきって後からゆっくり編集すれば良い。

そうすることで視聴者に安定した動画の提供が出来る。

それが私の出した答えだ。


今回のまとめ

色々と理由について書いてきたが、つまりはモチベーションの維持が最大のキーポイントだ。

自分なりのモチベーション維持方法を確立することが大切。

そして、例え少ない人数でも続きを待ってる人がきっといることを忘れちゃいけない。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。