スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウソぴょぉぉぉ~ん!!

2018.4.1 トップLINE人狼"Full Voice"の情報を見に来て下さった皆さん、ありがとうございます。
騙してごめんなさい!

全て嘘だ!!
m9(^Д^)プギャー!


…と言う訳で、LINE人狼"Full Voice"は2018年のエイプリルフール企画だ。
多くの方々にご協力を頂き、LINE人狼をネット声優さん達がプレイしたような予告編動画を作っただけ。
今年のエイプリルフールも贅沢に才能を無駄使いして壮大な嘘をこいてみた。

騙された方はいらっしゃるだろうか?
そんな方は是非思いのたけを動画のコメント欄にブチまけて頂ければありがたい。

さて、この記事では今回のLINE人狼"Full Voice"の動画を作るにあたって、才能の無駄使いをしてくれた名立たるクリエイター達の紹介やこの動画制作を通して感じた私の感想を書いていこうと思う。

書きたいことがいっぱいあってかなり長文になってしまいそうだ。
是非、暇で暇で仕方ないときにでも一読して頂きたい。



筆速!クリエイティブ!
人狼LOVE!おまけに超美人!
最強の絵師降臨!


DVKqrIwVMAAyRmm.jpg美鶴 ←クリックして「美鶴さん」をチェック!

まず一番最初にご紹介しなければならないのはこの人。
今回キャラクターのイラストを担当してくれた美鶴さん、ご覧のとおり美人のコスプレイヤーさんだ。

今回の企画の絵師は2月に一般募集をした。(「LINE人狼新企画」絵師募集記事
エイプリルフールに間に合わせる為に募集期間はたった1週間だけ。
さらに納期はたったの1ヶ月。
そんな厳しい条件の中、応募者は総勢6名もいた。
その中でひと際輝きを放ったのが美鶴さんだった。
決して「可愛いから」とかいう理由で選んだ訳じゃないんだぞ!

彼女にイラストをお願いした理由は4つある。

まず一つ目、引き込まれるような魅力を放つその「独特の絵柄」
TOtChh8_.jpg美鶴さんの描く絵はちょっぴり古めかしい。
今どきのキャピキャピした感じの絵やスタイリッシュな絵とは一線を画している。
上手く描くだけじゃなく、内面から滲み出る様な人間味を感じる深い魅力を放つ絵だ。
この90年代風のテイストが醸し出すそこはかとないノスタルジーが私の心を貫いた。


二つ目は彼女の「実績」
DTgi_wIVMAIqS0Ojpglarge.jpg美鶴さんはイベントのフライヤー等でアートワークを担当している。
普段から創作活動に関わって依頼をこなしているというバックボーンが信頼感を与えてくれる。
その実績は安心感へと直結した。
「この人にお願いすればきっと上手くやってくれそうだ!」と思わせるだけの実績が彼女にはあった。


三つ目は「LINE人狼への熱意」
これは他の応募者の方と比べると桁違いだった。
応募のときに頂いたDMの内容をそのままここに載せておく。
2018y03m26d_161948144.jpg美鶴さんはLINE人狼動画のファンだった。
これは選考する上で重大なことだった。

絵を描くってのはとても時間が掛る作業だ。
何時間も掛けて1人のキャラクターを生み出し、描き上げる。
しかも今回は10人、納期はたった数週間、それも無償のボランティア。
そんなめんどくさいこと出来るかい、普通?

そんなの好きでなきゃ出来るはずがない!

例え応募の段階で多少の熱があったとしても、興味の無い企画ではアッいう間に熱も冷めてしまう。
そうなれば創作意欲なんて一瞬で消し飛ぶ。
こういう活動をしてるとクリエイターさんの気持ちが何となくわかってくるんだ。

だからこそ「LINE人狼が好き」というポイントはとても大きなことだった。


最後の四つ目は「コスプレイヤー」であること。DO_-1S7UQAAQidQ.jpgコレは完全に私の趣味。
美鶴さんのことは以前からツイッターのTLで何度かお見かけしていた。
お声掛けを頂いたときは「こりゃ、面白くなってきやがったぜ!」とワクワクしたもんさ。

普段はレイヤーさん。
しかも私なんかよりきっと沢山ファンのいる凄いお方。
そんなお方が私の「エイプリルフールに嘘をつきたい」っていうわがままに協力してくれるって言うんだもの。
そんなの面白過ぎてヨダレがマーライオンじゃないか!
正直に言うと「可愛から」ってのも、ちょっとあるよね…。

美鶴さんの選考理由を書いただけで、こんなに長文になってしまった。
そんな訳でスーパーバイザーのヨッシー君とも相談したが、満場一致で美鶴さんにイラストをお願いすることとなった。

実際に制作に取り掛かって頂いてからも、彼女は凄かった。
驚異的な筆の速さで2月中にほぼ全ての絵を描きあげてしまった。
おかげで動画編集もかなり前倒しで取り掛かることが出来た。

しかし、彼女の凄さはこんなモンじゃ終わらなかった

メインキャラ8名の絵が完成した時点で、今作の動画の方向性を決める為に私は簡単なサンプル動画を制作した。
そして関わってくれた方々にこの動画を見て頂いた。

この動画を見た彼女の最初の反応はこうだ。

2018y03m26d_170929596.jpg

この反応を頂いたとき、本当に心の底から「この人で良かった!」と叫んだ。

第一声が「背景と立ち絵が馴染んでね~ぞ、ごらぁ!」だものwww
もう嬉しくて嬉しくてチビりそうになった。

そう、彼女は生粋のクリエイターだった。

その後も「編集でフィルター掛けて何とか出来ないの?」とか「配色やフォントが安っぽいぞ!」とか、気になることはズバズバと言ってくれた。
「フィルターでは対処出来ない」と伝えたら数分で画像を加工して送ってくれた。
配色やフォントは個人的にどうしても変えたくなくて、どう表現したら安っぽく見えないかアイディアを捻り出した。

今回の動画のクオリティがここまで上がったのは、間違いなく美鶴さんの純粋な意見のお陰だ。
本当に心の底から感謝している。

彼女は今まで関わった絵師さんの中でも指折りのパートナーだった。
独自の世界観を持っていて、信頼出来て、仕事が早くて、クリエイティブで、ついでにメチャクチャ可愛い。
それが「美鶴」という最強のクリエイターだ。



多方面で活躍するネット声優をブッキング!
豪華キャストを全力で無駄使い!



【プレイヤーNo.1】
黒田蔵本(くろだくらもと)♂
礼儀正しくて気の良い奴。物腰の柔らかい好青年。人狼経験無し。01kuroda_m.jpgCV:くろぞう←クリックして「くろぞうさん」をチェック!

黒田蔵元役を演じてくれたのは「くろぞうさん」

彼はゲーム実況者兼ネット声優だ。
普段はニコニコ動画でゲーム実況動画を投稿して活動をしている。(くろぞうさんの実況動画はこちら
そして、たま~に声の活動もしている。
私と同じような境遇だ。

彼とは「どうせ世界は終わるのだから」というフリーゲームで共演させて頂いた。
若い年齢とは裏腹に自他共に認める大人びた声を操り、優しい青年から冷徹な悪役まで自在に演じる才能の持ち主。
境遇が近いこともあり、仲良くなるのはアッと言う間だった。

その後も別のゲームで共演したり、コラボ実況なんかもしたり、いつも親しくして頂いている。

今では「くろちん」「もぐらアニキ」と呼び合う仲だ。



【プレイヤーNo.2】
月見里トリコ(やまなしとりこ)♀
ツンデレ生意気女子。本当はゲームに参加するのが嬉しいのに素直になれない。人狼経験無し、でも動画見てガッツリ予習してる。02yamanasi_m.jpgCV:小鳥遊ことり ←クリックして「小鳥遊ことりさん」をチェック!

月見里トリコ役を演じてくれたのは「小鳥遊ことりさん」

彼女はナレーターやアナウンサーとしてお仕事をする傍らネット上でも声の活動をしている。
TV番組に出ていたり、企業のVTRでナレーションをしていたり。
もうただのプロだ!

彼女とは「旅男!‐受け継がれし絆‐」というゲームで共演させて頂いて仲良くなった。
ハイトーンから繰り出されるその瑞々しいボイスは鼓膜をダイレクトに擽られるかの様だ。
ツンデレ役を演じさせたらハンパない可愛らしさを発揮する。

さらに、小説も書いていたり、たまに絵も描いてみたり、そんでもって美人さんときたもんだ!!
もう魅力が溢れ出し過ぎていて、彼女の紹介を書いていたらきりがない。

とにかく多才な魅力に溢れたお姉さんだ。



【プレイヤーNo.3】
律野博樹(りつのひろき)♂
ガラの悪い兄ちゃん。口調が荒いので誤解されがちだが根は悪い奴じゃない。人狼経験有り、Skype人狼では結構な猛者。03rituno_m.jpgCV:りっきぃ ←クリックして「りっきぃさん」をチェック!

律野博樹役を演じてくれたのは「りっきぃさん」

彼はチャンネル登録者数1万人を越える人気Youtubeチャンネルを運営する大御所怪談朗読者だ。
怪談朗読をメインに活動しつつ、自ら脚本・編集を手掛けて人狼を題材にしたボイスドラマも配信している。

人狼GAMEⅡ」というボイスドラマで彼から出演依頼を頂き、それ以来仲良くさせて頂いている。
ガナリの利いた口の悪いチンピラを演じさせたら右に出る者はいない。
演技の幅が広く、実は可愛い高音ボイスや優しい中音ボイスも出せる。
サンプルボイスでは女性リスナーを殺す添い寝ボイスなんかも公開しているので、女性の方は一度聴いて身悶えすると良い。

彼もまた多方面で活躍する才能の塊みたいな人だ。



【プレイヤーNo.4】
影山明奈(かげやまあきな)♀
清純派女子を装う悪女。丁寧な口調で礼儀正しく好感の持てる女性だが、実は自分が生き残れば他はどうでも良い。人狼経験有り、しかし未経験のフリをしている。04kageyama_m.jpgCV:陽田旭 ←クリックして「陽田旭さん」をチェック!

影山明奈役を演じてくれたのは「陽田旭さん」

彼女の名前に見覚えのある人もいるんじゃないだろうか?
彼女には去年のエイプリルフール企画でも男性役で出演して頂いた。
あまりにも声色が違うので気付いた人は殆どいないと思う。

彼女は数々のゲームやボイスドラマでイケメン男性役を演じているイケボアクターだ。

彼女とは「ばれんしょたいん」というゲームで共演させて頂いた。
この作品で共演させて頂いてからずっと仲良くしてくれている。

彼女の演技スタイルは独特で、ゆっくりと勿体ぶるように台詞を読み上げる。
絡みつくような吐息が女子達のハートを鷲掴みにする。
そんなイケボの陽田旭さんが実はこんなに可愛い女の子の声を出せるって知ってる人は少ないんじゃないだろうか?

実は私も今回初めて女性役の声を聴いた…。

「いつもイケメンやってる陽田旭さんに女の子役やらせてみたら面白いんじゃね?」っていう思い付きから無茶ブリをしてみた。
陽田旭さんを女性役で起用した人って私以外にいないんじゃないかな?

普段のイケボとは全く別人のような可愛い声を聴いたときにギャップ萌えして数分間のた打ち回ったのは言うまでもない。

新たな一面を見せてくれた彼女には是非女性役としても活動の幅を広げていって頂きたい。



【プレイヤーNo.5】
浜瀬宗二(はませそうじ)♂
女好きのチャラ男。態度はチャラいけど実はかなり洞察力があり、頭もキレる。人狼経験有り、友人達とたまに対面人狼をしている。05hamase_m.jpgCV:雨音葉士 ←クリックして「雨音葉士さん」をチェック!

浜瀬宗二役を演じてくれたのは「雨音葉士さん」

彼はボイスドラマや声劇企画を渡り歩きながら浮雲的に活動している男(彼のHPより引用)
物静かで漂々としたオーラを纏い、不思議な魅力を放つ演者だ。

彼とは「Target of ──.」という乙女ゲームで共演した。
ゲームが公開されてないので正確にはまだ共演したとは言えないかな?
掴みどころの無い人で、そんな彼のゴーイングマイウェイな生き様が私は大好きだ。

甘く艶のある声をしていて普通に喋っているだけでも色気がある。
演技や創作に対しては非常にストイックで、「真面目にふざけてくれ」と注文しても期待通りのことをやってくれそうな人だ。

実は別名義で物書きとしても活躍していて、ゲームのシナリオを提供する一面があったりする。
…っていうのをここに書いて怒られないかな?

彼もまた多才なマルチプレイヤーだ。



【プレイヤーNo.6】
三宅聖子(みやけせいこ)♀
高圧的で余裕感たっぷりのお姉さん。上から目線な感じの口調でちょっぴりセクシー。人狼経験有り、てか人狼ゲーム大好き。06miyake_m.jpgCV:宮瀬ケイ ←クリックして「宮瀬ケイさん」をチェック!

三宅聖子役を演じてくれたのは「宮瀬ケイさん」

彼女はゲーム・ドラマCD・動画・ボイスコンテンツ等あらゆる作品に参加していて、自らも主催として企画もしちゃう演技中毒の人だ。

前述したりっきぃさんの「人狼GAMEⅡ」という企画で共演したときに、そのセクシーでトゲトゲしい演技がずっと私の脳裏にこびりついていた。
「いつか自分で企画をするときには絶対に声を掛けるぞ!」と心に決めていた。

エロさを醸し出すセクシーな声も勿論素敵なのだが、彼女の声で一番キャラが立つのはエッジの利いた少年ボイスだ。
「演じ分けが出来る」というのはこういうことを言うのだと思う。
興味のある人は是非彼女のHPのサンプルボイスを聴いてみて頂きたい。

連絡をする度にハイテンションな長文のお返事をくれて、企画者のモチベーションを上げる空気感を作ることの出来る人だ。
彼女がキャストに入るだけで作品が2割増くらい良いモノになること受け合い。
個人的にはネット声優界のアゲマンと呼びたい。



【プレイヤーNo.7】
大江翔(おおえしょう)♂
元気ハツラツ関西弁。明るい性格、バカッぽくてメタ発言とかしちゃうタイプ。人狼経験無し。07ooe_m.jpgCV:友瀬涼 ←クリックして「友瀬涼さん」をチェック!

大江翔役を演じてくれたのは「友瀬涼さん」

彼はまだ活動を始めて間もないのに凄まじい演技力で多くの作品に出演しまくっている驚異の怪物だ。
私がやりたかった役も2件程彼に持っていかれてしまった…。

色んな企画で名前を目にしていたが、彼をこの企画に誘った時点では接点は無かった。
こえログ!」というサイトで彼の関西弁のサンプルボイスを聴いたときに、居ても立ってもいられなくなって衝動的に誘ってしまった。

彼は空白の魔術師だ。
台詞と台詞の間に入る微かな笑い、台詞に無い部分の微妙な息づかい、そんな何も無い部分の演技力がズバ抜けて上手い。
声の活動をしていたら一度はブチ当たる壁「………っ!」という台詞を読ませたら、きっとメチャクチャ上手いと思う。

今回の企画に誘った後でホワイトデー企画で一度共演させて頂いた。
実はまだ公開になっていない作品でも何件か彼と共演している。
本当によくお名前を見かけるので、私が応募した作品のCVが発表になるたびに「また君か!」と思わされている。

たった数ケ月で人気アクターの座についた恐るべき才能の持ち主だ。



【プレイヤーNo.8】
天野沙紀(あまのさき)♀
ロリ声で媚び売る系女子。キラキラしたキャラ作っちゃってるけど、感情的になるとキャラを捨てて本性が出ちゃう。人狼経験有り、でも経験無しと嘘をついている。08sakirin_m.jpgCV:野崎雨汰 ←クリックして「野崎雨汰さん」をチェック!

天野沙紀役を演じてくれたのは「野崎雨汰さん」

彼女もまた数多の作品に出演している人気ネット声優の1人だ。
私は彼女が暇な時期を見たことがない。
常に何かの作品に出演していて、いつもその声でキャラクターに命を吹き込み続けている。
その活躍は声職人と言って良い。

彼女とは「どうせ世界は終わるのだから」というゲームで共演させて頂いた。

彼女の演技は「役が降りて来ている」という感じの表現が正しいだろうか。
役になりきり過ぎて振り切った演技をする。
彼女がキャラクターに声を当てるだけでそのキャラクターの背景や生き様すらも見えるような、そんな感覚に陥る。

彼女ならどんなブッ飛んだキャラクターでも演じれると思う。
今作の配役も一番難しいキャラクターだと思っていたからこそ彼女にお願いした。
そして「全力で遊んじゃって下さい」と注文した。
彼女は私の想像のナナメ上をいく振り切った演技で応えてくれた。
ついでにボリュームも振り切って頂いた音源は音が割れてたw
リテイクを申し出てくれたんだけど、ハンパ無く良い演技だったのであえてこのまま使わせて頂きたいとお願いした。

彼女は正にキャラクターに命を吹き込むことの出来る人だ。



地味な裏方作業で
作品をリアルにしたチーム
Team Active Time Line!



今回の動画の最大の見せ場と言っても良いのがコレだ。
画面上をタイムラインがシュッと動く演出。ATL.jpg
その名もアクティブタイムラインシステム(略してATLシステム
このATLシステムの演出に大きく貢献してくれた4人の仲間達も紹介したい。

やまかな
彼はLINE人狼の主催者としてプレイヤーを募り不定期でゲームを開催している。

ワタ
彼もLINE人狼の主催者として度々ゲームを開催している。

いけぴぃ
彼はワンナイト人狼の主催者として何度もGMを経験している。

ユキカゼ
彼はやまかなさんを誘ったときにたまたま居合わせたので、ついでに誘った。
普段はマッド職人やゲーム実況者として活動している。

人狼ゲームに精通した3名と動画職人1名、この4人のチームを「チームATL」と名付けて、この演出の制作に協力して頂いた。
具体的に彼らに何をしてもらったかというと…。

タイムラインの捏造だ!

今回の企画では実際にはLINE人狼はプレイしていない。
声優陣の方々とはLINEの交換すらしていない。
では、このタイムラインはいったいどうやって撮影されたモノなのか?

ここで彼らの登場だ!
私は彼らと協力して、あたかもLINE人狼をプレイしたかのような偽造タイムラインをでっち上げた。

リアリティを追及する為にボイスの入らない部分も配役に合わせて台詞を作り、わざわざ会話が入り乱れたようなチャット感のある台本を作り込んだ。
そしてチームATL全員とスカイプグループ通話をしながらこのタイムラインの捏造を行った。
それは果てしなく地味な作業だった…。


私「はい、××さん、アイコンを●●の画像に変えて下さ~い」

××「了解しました」

私「はい、じゃあ××さんの名前を●●に手動変更しま~す。それでは××さん、シーン1の①の台詞を書きこんで下さ~い」

××「はい、書き込みました」

私「スクリーンショット撮りま~す。はい、おっけ~。次は▲▲さん、アイコンを☆☆の画像に変更して下さ~い」


…と、こんなやり取りを延々と繰り返しながら偽造タイムラインの撮影を行った。
辻褄の合わない部分は無いか、見せたくないモノが映っていないか等の確認や添削もその場で全員で行った。
動画では自然に見えたかもしれないが、実はタイムラインから見せたくないモノが消してある
amarec(20180312-2317525).jpg動画の中ではイラストや派手な文字に目がいっていまうと思うが、このタイムラインがあることこそが非常に重要なポイントなのだ。
でなきゃ、ただのボイスドラマと変わらない。
このリアルなタイムラインがあるからこそLINE人狼をプレイしている感が出るのだ。

「チームATL」の4人の存在は地味かもしれないが、この企画に無くてはならないキーパーソンだった。
嘘を誠ように見せたのは間違いなく彼らだ。



あとがき

atogaki.jpgさて、長々と協力者達の紹介をしてきたが、ここからはこの企画の経緯やこの企画を通して感じた私の感想を書いておこうと思う。

人間は忘れてしまう生き物だから。
こうして文章に書いて今の気持ちを思い出として残しておきたい。

この企画を思いついたのは2月の上旬。
朝、出勤前にシャワーを浴びているときのことだった。
そのとき、ふと思いついてしまった。

「LINE人狼にネット声優さんの声を付けた!……って嘘ついたら、おもしろいんじゃね?」

思いつたときには今回の企画のビジョンの9割が見えてしまった。
その日のうちに企画書やプロットをまとめ上げ、知り合いのネット声優さんで誰に声をかけようか考え始めた。
本当のこと言うと、誘いたい方は他にもいっぱいいた。
制作期間のことやキャラクターのバランスを考えて、泣く泣く8人に絞ったというのが本音だ。
8人の声優の皆さんは企画の内容を説明してすぐに全員が快諾してくれた。

そして問題だったのが絵師さんだ。
正直に言うと、お願いしたらイラストを描いてくれそうな知り合いの絵師さんは何人かいた。
でも、いかんせんスケジュールがタイトだった。

編集の時間も考えると、4月1日に間に合わせる為には最悪でも3月の中旬には素材が揃ってなければいけない。
そんな中でも最大限にクオリティは追及したい。
そう考えたとき、絵師の募集を思いついた。

「LINE人狼で新企画をやるよ」と言ったら、きっと誰か乗って来てくれる人がいるはず!
私はそれに賭けた。
そうして、美鶴さんという素晴らしい絵師さんと巡り合うことが出来た。

あっ!
そうだ!
せっかくだから美鶴さんが描いてくれた私とヨッシーのイラストもこの記事に載せておこうか。
もぐら
ヨッシー
チームATLのメンバーも殆ど心の中では決まっていた。
ユキカゼさんだけはその場のノリだったけど、他の3人はもう企画書を書いている段階から誘うつもりでいた。
人狼に精通したメンバーを集めてリアルなタイムラインを捏造する
そう頭の中で想い描いていた。

こうして集まった13人のクリエイター達。
そこに私とヨッシーを加えた15人で壮大な嘘を作った

確かに言い出しっぺは私だけど、この中の誰が欠けてもこの嘘は完成しない。
去年のエイプリルフール企画のときにも思ったことだが、自分独りのチカラなんてのはちっぽけなもんだ。
独りで何かをしようとしても所詮は自分の力量の中に納まってしまう。
そんなときは誰かを頼ってみると良いと思うんだ。

きっと誰しも心の中では「なんかおもしれぇ~ことしたい」って思ってるはず。
思いついたら自分の中に溜めこまないで実現してみれば良いと思う。
きっとそのおもしれぇ~ことを一緒にやってくれる人がどこかにいるはずだ。
この記事を書いて、誰かがそのおもしれぇ~ことに私を誘ってくれることを待っているよ。

LINE人狼シリーズの新作を期待してくれたファンの皆さんゴメンなさい!
お詫びと言ってはなんだが、去年のLINE人狼企画で関係者のみの限定公開にしていた「未公開ゲーム」の動画を一般公開にしておくよ。
今回のところはこれで勘弁してくれ!



最後にこの場を借りて今回協力してくれたメンバーにお礼を言いたい。

一番頑張ってくれた美鶴さん、本当にありがとうございます!
心の底から感謝してます!
あなたは最高に、最高で、さいっっこぉぉぉぉぉ~のパートナーでした!

声を提供してくれたくろぞうさん、小鳥遊ことりさん、りっきぃさん、陽田旭さん、雨音葉士さん、宮瀬ケイさん、友瀬涼さん、野崎雨汰さん、本当にありがとうございます!
台詞3つなんて勿体ない使い方をしてしまって申し訳ありません!
別の作品でまた共演出来る日を楽しみにしています!

チームATLのやまかなさん、ワタさん、いけぴぃさん、ユキカゼさん、本当にありがとう!
地味な役回りを快く受け入れてくれて本当に感謝してるよ!
また一緒に人狼しような!

さて、ここまで長い長い記事を最後まで読んでくれたあなた、本当にありがとう!
私は今後もまた何かしら発信していくから、見かけた際はチラ見しに来てくれ!

さぁ~て、次は何をしようかな?
それではまた次も………

私のフィールドで一緒に遊びましょう!

2018年エイプリルフール企画 【LINE人狼"Full Voice"】
スポンサーサイト

「LINE人狼 新企画」絵師募集!

eshibosyu_line_jinro_fullvoice


※〆切りました※


【LINE人狼とは】
私のYoutubeチャンネルで毎年数本公開している動画です。
「LINEを使って人狼出来ないかな?」という思い付きからやってみたところ、予想外に人気が出てしまったので毎年開催することになったコンテンツです。

ご参考までに今までのLINE人狼CMはこちら。
LINE人狼CM集

ご興味があれば去年のLINE人狼動画はこちら。
LINE人狼ロワイアル(2017年)



【募集概要】
2018年の「LINE人狼 新企画」で参加プレイヤーのイメージイラストを描いてくださる絵師様を募集しています。
絵師様の想像力を駆使して参加プレイヤー達のアイコン画像から「イイ感じのキャラクター」を生みだして頂く予定です。

※今回は特殊な企画なので、応募して頂いた方には後ほど追加情報をお配りします。



【募集人数】
1名



【募集〆切】
2018年2月14日23:59
バレンタインデーが終わるまで。



【応募方法】
TwitterのDM、又はメールにて「LINE人狼の絵描いてやんよ」とご連絡下さい。
合わせてご自身で描いた絵のサンプルも送って頂けると有り難いです。
Twitter:@yosuke_mogumogu
メール:yosuke.mogumogu@gmail.com



【お願いするイラストの仕様について】

*ウエストショットか二―ショット(お腹から上or膝から上くらい)のキャラクター立ち絵8枚~10枚。

*ガッツリ描き込んだりビシッと色塗り込んだりとかしなくてもおkです。そのあたりについては絵師様の都合にあわせて相談したいと思っています。

*背景透過処理したpng形式だと助かりますが、出来ない場合は手書きの絵をスキャニングでも構いません。

*拡大処理等も行うかもしれないのでイラストサイズは出来るだけ大きいと嬉しいです。

*手書き絵をスマホの写真で撮影した画像は不可とさせて頂きます。



【イラスト提出〆切】
2018年3月14日
ホワイトデーが終わるまで。



【優遇措置】
今回は特殊な企画の為、以下に該当する方は優先的にお願いするように致します。

・レスポンスの早い方。

・skypeやDiscordで通話打ち合わせ出来る方。

・22時~深夜2時くらいの遅い時間にDMやメールを送っても怒らない方。



【ご注意】

・絵師として協力して頂いてもプレイヤーとしてゲームに参加は出来ません。

・今回の企画ではプレイヤーの一般募集は一切行いません。



【最後に】
その他ご質問等ございましたらTwitterのDM、又はメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

私のフィールドで一緒に遊びましょう!

ウッソぴょ~ん!!

探し物屋 ネタバレ
えっ!?

もしかしてハードボイルド推理アドベンチャーゲーム「探し物屋」をダウンロードしに来のか?

すまないな………。

そんなゲームはこの世に存在しない!!!!!

m9(^Д^)プギャー!

今年のエイプリルフールは気合を入れてウソをついてみることにしたんだ。

この記事では今回のエイプリルフールプロジェクト「探し物屋」に協力してくれた方々の紹介、ゲーム制作ツールを使って実際に作ったADVゲーム風台本のお披露目、架空のゲームコンセプトの説明、元ネタの暴露等々、企画の発端から動画の公開に至るまでの経緯や思い出を色々書き記していこうと思う。


才能豊かな協力者達


まず最初にこの馬鹿げたプロジェクトに協力してくれた仲間達を紹介しておこうと思う。

【さくらももね】
momone
さくらももねさんはマンガ家志望の専門学生。
キャラクターデザイン及び作画担当。

このプロジェクトは彼女が一枚の絵を私に送ったことから始まった。
私の妄想を的確に絵で表現するクリエイター。
メールのやりとりでは多くを語らない超短文派。
夜遅くに絵のスキャンをしているとお父さんに怒られる。



【のの】
nono
ののくんはイケボのゲーム実況者。
過去を失くした男CV担当。

私をボイスコに目覚めさせた張本人。
彼とは乙女ゲームやBLゲームのコラボ実況を通して仲良くなった。
私が唯一「くん」を付けて呼ぶ男。
過去にローカルラジオでドラマにレギュラー出演していた経験を持つ実力派イケボ。



【帽子屋@にゃんカレー】
nyan
帽子屋@にゃんカレーさんは元声優の人妻。
名前を失くした女CV担当。

ゲームが好き過ぎて運営側になっちゃった美声の女性。
スマホゲームをフルボイスで実況する企画をした際にコラボして頂いて仲良くなった。
ハンドルネームは長くて面倒くさい名前なので、私は「にゃんさん」と呼んでいる。
若かりし頃には声優事務所に所属していたという経歴があり、安定の演技力。



【陽田旭(ひだあきら)】
akira
陽田旭さんはイケボの女性ボイスコ。
自分を失くした男CV担当。

男性の声を得意としているのだがツイッターではメチャクチャ乙女チックなギャップ萌え女子。
以前「ばれんしょたいん」というゲームのCVで共演させて頂いたことをキッカケに仲良くなった。
当時の配役の名残で私を「お兄ちゃん」と呼んでくれる可愛い奴。
まだ活動を始めて間もないのにボイスドラマ企画やフリーゲーム等で主役を演じる程の才能を発揮している。



ADVゲーム風台本


今回のプロジェクトの為に私は自分で書いた企画書の設定を元に実際にゲーム制作ツールを使ってAVDゲーム風の台本を作った。
探し物屋1
探し物屋2
探し物屋3
探し物屋4
今回の企画では「才能の無駄遣い」という事を特に意識するようにした。

絵も、声も、素晴らしい才能を持った協力者に恵まれた。

だからこのアイディア自体をこうして楽しめるコンテンツとして残しておきたかった。

ウソをつく為にこんなに本気で取り組んだのは初めてかもしれない…。

この台本も皆さんにお披露目しておこうと思う。

ダウンロードはこちら→Windows版DL

MACの人のはこちら→MAC版DL

※注:スマホではプレイ出来ません!

動画内では説明されなかった各キャラクターの細かな設定なんかも書いてある。

たぶん3~5分ぐらいで読み終えると思うので、時間のあるときにPCでダウンロードして是非プレイしてみて欲しい。


元ネタ・コンセプト


架空のゲーム「探し物屋」は私の好きなゲームやアニメの雰囲気を寄せ集めた集合体だ。

一番のモチーフはグラスホッパーマニュファクチュアの「花と太陽と雨と」というゲーム。
花と太陽と雨と
このゲームには「サーチャー」という探偵みたいな職業を生業にする主人公が出てくる。

これが「探し物屋」の元ネタだ。

そこに私の好きなゲームやアニメの要素を足した。

シルバー事件、カウボーイビバップ、シティーハンター、ルパン三世等々、渋い大人の雰囲気をどことなく醸し出すイメージにしたかった。
silver.jpgシルバー事件

01_20120912224226.jpgカウボーイビバップ

24839.jpgシティーハンター

11210.jpgルパン三世

さくらももねさんの描くキャラクターは女性が好きそうな絵なので、さらに乙女ゲームの要素も組み込むことにした。

男性がプレイしても「カッコイイ!」と思えるクールでスタイリッシュな乙女ゲームがあったら絶対に面白い!!

そんな発想がハードボイルド推理ADV「探し物屋」というゲームのコンセプトだ。



エイプリルフール企画
「探し物屋」制作の経緯



[2017年1月17日]
さくらももねさんより

「いつもツイキャス拝見しています(^-^) 昨日のツイキャスで言っていたので、勝手ながら描かせて頂きました! よかったら見てください❤」

というメッセージと共に一枚の絵がツイッターのDMで届く。
探し物屋0
今まで頂いた絵の中でブッちぎりのハイクオリティだったこの絵を私は凄く気に入った。

その後は色々な場面でこの絵を使わせて頂くこととなる。



[2017年2月2日]
ツイキャス中に今回の企画を思い付き、酔った勢いで「この絵で乙女ゲーとか作れたら面白いのになぁ~。一緒に作っちゃいましょうか!?」と軽いノリでももねさんを誘った。

これが企画の出発点。

ツイキャス終了後にDMで正式にエイプリルフール企画として動画を作りたい意向を伝えたところ快諾して頂いた。
ももねさんとDM

このときテンションが上がってイマジネーションが爆発していた私は1~2時間程で「探し物屋」の大まかな設定やストーリーを書きあげ、その日のうちに速攻でももねさんに企画書を送った。



[2017年2月13日]
依頼人の各キャラクターラフ。
探し物屋5



[2017年2月14日]
過去を失くした男キャラクター下書き。
探し物屋6



[2017年2月20日]
名前を失くした女&自分を失くした男キャラクター下書き。
探し物屋7
探し物屋8

キャラクターも固まってきたのでこの時期に企画書の細かな修正をして、だいたいの方針を固めた。



[2017年2月21日]
ののくん、にゃんさん、旭さんにCV担当のお誘いをした。

3人とも即日快諾してくれた。

ありがたい。

渋い雰囲気を出したくてジャズやブルースのフリー音源を探し回り、フリー音源を提供しているMusMus様のサイトで今回のテーマソング「SMOKY」を見つけた。
musmus



[2017年2月22日]
探し物屋と主人公の下書き。
探し物屋9
探し物屋10
探し物屋11
探し物屋12
探し物屋13



[2017年2月25日]
CV担当全員の声が集まったのでサンプルボイス動画を作成。





[2017年2月26日~3月1日]
実際にゲーム制作用ツールを購入してADVゲーム風台本を制作。
探し物屋14
探し物屋15



[2017年3月4日]
ももねさんより提案がありシーン3に若干の遊び心を入れることになった。
探し物屋16



[2017年3月7日]
ネタバレ記事トップ画像と探し物屋のタイトル画面用イラスト下書き。
探し物屋17
探し物屋18



[2017年3月15日]
タイトル画面イラスト完成
探し物屋19



[2017年3月16日~24日]
全てのイラストが完成
探し物屋20
探し物屋21
探し物屋22
探し物屋23
探し物屋24
探し物屋25
探し物屋26
探し物屋27
探し物屋28
探し物屋29
探し物屋30
探し物屋31
探し物屋32
探し物屋33



[2017年3月25日]
イラストを差し替えてADVゲーム風台本完成
探し物屋34
探し物屋35



[2017年3月26日]
以前からちょこちょこ作っていた背景やエフェクトを加えて、エイプリルフール企画「探し物屋PV」完成!



あとがき


この企画を終えて自分なりに思ったことや感じたことがいくかあるので最後に書き記しておく。

まず最初に「ゲームを作るのはメッチャ根気のいる作業だ」ということを痛感した。

実際に自分でゲームみたいなモノを作ってみて初めてわかった。

作り手側ってのはプレイする人が見逃してしまうような些細なことにも気を配り、コツコツと地味な作業を繰り返して作品を作りあげているんだということが痛い程わかった。

そして「企画者として皆と一つの作品を作り上げる楽しさ」を再確認した。

以前オリジナルテーマソングのMVを作ったときにも感じたことがあるが、今回はそれ以上に強く感じた。

それぞれに異なったスキルを持つ方々に協力してもらい、自分独りでは絶対に出来ない程のクオリティの作品を作り上げる。

これ程にクリエイティブで楽しいことはない!!

それから「自分の可能性はまだまだ広がる!」と思った。

最近はネット声優の活動もしていて、その延長線上で今回の企画をやったようなものだけど。

今回のプロジェクトで作る側を体験出来たことで、私はまた新たな視点でゲームを見れるよになったと感じている。

実況者としても、動画編集者としても、ボイスコとしても、今回のプロジェクトは大きな糧になったと思っている。

いずれは自分のオリジナルゲームを本当にリリースしてみたいなぁ~なんて夢も持つようになった。

今回協力してくれた方々にこの場でもう一度ちゃんとお礼を言っておきたい。

私の呼びかけに快く声を提供してくれた、ののくんにゃんさん旭さん

ありがとう!

3人とも私の期待通りのええ声だったよ!


そして今回のプロジェクトで最もがんばってくれた、さくらももねさん

本当に本当に本当に…ありがとう!!

何度もDMのやりとりを繰り返したこの2ヶ月間は私の良い思い出です!


さて、この記事を書き終えることで今回のエイプリルフール企画「探し物屋」はプロジェクト完結だ。

肩の荷が下りてホッとした気分でもあり、後ろ髪引かれるような寂しい気分でもある。

でも、これが良いんだ。

ゲームも人生も終わりがあるから面白い。

物語はエンディングを迎えるからこそ儚く、切なく、そして美しい。

こんなダラダラと長い記事を最後まで読んでくれた貴方、ありがとう!

もし良ければ動画のコメントやTwitterなどで感想を聞かせて頂けるとありがたい。

本当にこのゲームをプレイしたいと思って来てくれた貴方、騙してごめんなさい…。

プギャーm9(^Д^)

次は貴方が何か企画をする番だ!

見ているだけじゃなくて、自分から何かやってみたら変わるかもしれない。

きっとそこには今までに感じたことのない楽しさが待っているはずだ。

そして気が向いたら是非私もその企画に誘ってくれ。

最後にこれだけは言っておく………。

お前の答えを……探し出せ!



[背景素材]
あやえも研究所
http://ayaemo.skr.jp/materials.html
GATAG
http://free-illustrations.gatag.net/

[UI素材]
ニコニコモンズ

[BGM]
MusMus
http://musmus.main.jp/jazz.html
DOVA-SYNDROMW
http://dova-s.jp/bgm/play4618.html

ウソぴょん!

MOGURA MAN ネタバレ
この記事を読んでいる君、もしかして「MOGURA MAN」ってゲームをダウンロードしに来たんじゃないか?

残念だったな…。

そんなゲームはこの世に存在しない!!!!!

m9(^Д^)プギャー!

2017年のエイプリルフールは気合を入れてウソをついてみることにした。

どうだい?

夢のあるウソだろう?

さて、今回はどんな経緯でMOGURA MANゲーム化というウソ動画を作るに至ったか、その公開までの経緯を書いていこうと思う。


エイプリルフール企画
MOGURA MAN 制作過程



[2017年1月12日]
グリンぐりんさんよりツイッターのDMで「ロックマン風のドット絵を描いてみました」というメッセージと共にロックマンとモグラマンが並んだjpg画像が送られてきた。
MOGURAMAN1
さらに続けてロックマンとモグラマンが並んで走るgifアニメが送られて来た。
MOGURAMAN2

ドット絵を作って頂けたのなんて初めてで、私は感激した。

あまりにも嬉しくてこの絵は妻にも自慢した。



[2017年1月13日]
今度はバスターを撃つモグラマンのgifアニメとイエローデビルの前に立ちすくむモグラマンのpng画像が送られてきた。
MOGURAMAN3
MOGURAMAN4

素敵なドット絵をいっぱい頂いたお礼としてグリンぐりんさんにステッカーをお贈りした。
MOGURAMAN5



[2017年1月21日]
「気合入れて作りました」というメッセージと共にグリンぐりんさんより今回のプロジェクトの発端となる長編gifアニメが送られてきた。
MOGURAMAN6
これを見た私は感動して「MOGURA MANがゲーム化したぞ!」というウソをついてみたくなった。

この思い付きが今回のエイプリルフール企画のスタートだった。

思い付いてからすぐに「今年のエイプリルフール一緒に皆を騙しませんか?」とグリンぐりんさんを誘った。



[2017年2月4日]
頂いたgif画像にゲーム音を追加したテスト版の動画をグリンぐりんさんに送った。



同日、グリンぐりんさんからはエイプリルフール用の試作版gifアニメが送られて来た。
MOGURAMAN7

修正点や改善箇所を色々と話し合い本プロジェクトのだいたいの方針が定まった。



[2017年2月22日]
グリンぐりんさんよりgifアニメが完成したとの報告が来た。
MOGURAMAN8


[2017年2月24日]
ゲームのBGM、効果音、もぐらの実況ボイスを追加してエイプリルフール用のデモプレイ動画が完成した。



あとがき


私のウソに付き合って下さったリスナーの皆さんありがとう。

出来ることなら動画のコメントやTwitter等で何か感想を頂けるとありがたいな。

ウソだと知ってガッカリしてしまったガチ勢の皆さん、ごめんねw

m9(^Д^)プギャー!

今回グリンぐりんさんが描いてくれたドット絵の数は400枚以上だ。

きっと1枚1枚丁寧に作ってくれたんだと思う。

完成前のガイドラインを入れたままのメイキングバージョンのgifアニメも載せておこう。
MOGURAMAN9
これを見て頂ければわかる通り、非常に細かく根気のいる作業だ。

彼はそれを数週間で成し遂げてくれた。

この企画に最後まで協力してくれた彼にあらためて感謝の言葉を伝えたい。

グリンぐりんさん本当にありがとう!

我々は良いチームでした!


嘘から出た実(まこと)という言葉があるように、この「MOGURA MAN」という架空のゲームがいつか本当にプレイ出来る日が来たら素敵だなぁ~なんて妄想してしまう。

誰か私にアクションゲームの作り方教えてくれぇ~~~!!

青色の少年シリーズ

tumblr_static_megaminimal.png
今回は私の実況動画の話しを書こうと思う。

あまり実況プレイの参考にはならないかも…。

私はロックマンが大好きだ。

我々世代のオッサンは少年時代に皆ハマッたゲームである。

私のチャンネルではロックマンが好き過ぎるファン達が作ったファンゲームの攻略をやっている。

今回は今までやったファンゲームの中からいくつかお気に入りをピックアップして紹介してみようと思う。


ネズミマン


このゲームでは主人公がネズミだ。

システムは殆どロックマンと同じ。

絵はほのぼのして可愛いけど、難易度はそこそこ難しくてなかなか楽しめる。

スライディングのモーションがメチャクチャ可愛いので必見。

普段は実況プレイに興味の無いうちの妻もこのシリーズだけは気に入っていた。

ゲームのダウンロードはこちら

ネズミマンDL先


ロッコちゃん


こちらは主人公が女の子

ダウンロード不要のブラウザゲームでかなりクオリティの高い作品だ。

キーボードで操作する事も出来るが、ゲームパットを使わないでクリアするのはかなり難しいと思う。

プレイするならゲームパッドを用意することを推奨する。

細かなギミックやボスの能力も良く出来ていて、ロックマン好きなら一度はプレイして欲しい作品だ。

ゲームのプレイはこちら

ロッコちゃんプレイはこちら


mega man
day in the limelight



ロックマン1のボス対ロックマン2のボスという夢の対決を実現した海外のファンゲーム。

今までは戦うだけだったボスキャラ達を自分がコントローラで操作出来るというだけでも興奮する。

このmega man day in the limelightシリーズは既に3作公開されており、海外でも国内でも高い評価を受けている。

今までロックマンのファンゲームを色々プレイしたけど、ここまで感動する作品は他に無い。

このmega man day in the limelightシリーズが最もオススメしたい作品だ。

ただし、難易度も原作ばりに難しいので現代のお子ちゃま達はクリアする前に投げ出すだろう。

ゲームのダウンロードはこちら

mega man day in the limelight DL先


メカニックマン


最後に紹介したいのはこのメカニックマンだ。

私が青色の少年シリーズの実況動画をやることになった原点はこの作品である。

システムはロックマン1に似てる感じで、バスターがスパナになっていてクスッと笑える。

ゲームとしてもなかなかよく出来ていて最後まで飽きずに楽しめる作品だ。

このゲームを生放送でプレイしたのがキッカケで私は青色の少年シリーズの動画を始めた。

生放送による公開収録というスタイルを定着させたのもこの作品があったからだ。

メカニックマンの動画はサブチャンネルでしか公開していないが、私にとっては重要な思い出のゲームだ。

ゲームのダウンロードはこちら

メカニックマンDL先


今回のまとめ
(オススメのロックマンファンゲーム)

・ネズミマン

・ロッコちゃん

・mega man day in the limelight

・メカニックマン


青色の少年シリーズの実況プレイはあまり人気のある動画では無いが、個人的にかなり愛着があるシリーズなので今後も細々と続けて行きたい。
(´Д`)b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。