google-site-verification: googleef0729fe86ef72d2.html もぐらチルドレン計画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音の扱い方

20061207-speaker.jpg
実況プレイ動画では音量と音質はかなり重要だ。

声のボリューム、ゲーム音のボリューム、追加するBGMのボリューム、効果音のボリューム。

それらがうまくバランスが取れていないと視聴者は見ていて不快になってしまう。

私もいつもそれぞれの音のバランスがとれているか不安で仕方ない。

最近は誰でも簡単に実況が出来るようになって音質も高い水準を求められるようになった。

ノイズの無いクリアな音質が当たり前の時代になりつつある。

今回は音の扱い方について書いてみようと思う。


音の主役

honjitsu_syuyaku_man.png
ひと昔前まではゲームの音がやたらデカい実況動画をよく見かけた。

実況初心者によくありがちなミスだった。

実況者はゲーム音のボリュームをガッツリ下げる勇気を持たなければならない。

ここで重要なポイントがある。

実況プレイでは声が主役だということ。

視聴者はゲームの音よりも実況しているプレイヤーの声が聞きたくて実況動画を見る。

そうでなければ普通のプレイ動画を見れば良いのだから。

ゲームの音は二の次、BGMや効果音なんてのはおまけ。

一番重要なことは声がちゃんと綺麗に聴きとれることだ。

ここを吐き違えると、再生してもらっても数秒で視聴者は去ってしまう。


質より量

mato.jpg
音質にこだわる人って以外と多い。

私もジミィ~にこだわりがある。

でも、これはただの自己満足に過ぎない

視聴者にとっては、ある程度聞きとれるレベルでノイズが少なければそれで十分だったりする。

128kbpsと96kbpsの違いを聞きとれる人なんて殆どいない。

そんなことよりも前項で述べた音量のバランスがとれているかどうかの方が何倍も大事だ。

音量のバランスがとれていれば多少荒い音質でも気にすること無く視聴出来る。

音のことを気にするならまず質より量

これは是非覚えておいて欲しい。


音量調整より効果的な方法

283411812_e7bfb30fa3.jpg
ボリュームの調整で声、ゲーム音、効果音のバランスを取ろうとすると、イマイチ上手くいかないことがある。

ゲーム音を聴かせたくてボリュームを上げると声がゲーム音に埋もれてしまう・・・なんてことはよくある話。

そんなときこそ音質を変えるてみると良い。

動画編集ソフトに内蔵されていれば、イコライザーとかEQという機能があるはず。

動画編集ソフトに機能が無い場合は無料の音声加工ソフト等を使って音質をイジッてみると良い。

音質を変えることで音の聴こえ方は段違いに変わる。

人間の耳が聞き取り易い200Hz~2.5kHzあたりの中域をちょこっとブーストするだけでもかなり目立つ音質になる。

声の音質をちょっと聴きとり易く加工してあげれば、ゲームのボリュームを上げても埋もれない。

ボリューム調整に行き詰まったら是非イコライザーを試してみて欲しい。


スマホで聴け

1128-d.jpg
最後に最も重要なことを書いておく。

動画編集をする人の殆どはパソコンで作業をすると思う。

そしてパソコンでYoutubeに投稿して、パソコンで動画の確認するだろう。

しかし視聴者は違う。

視聴者の半数以上がスマホから動画を見ている。

Youtubeでトラフィックソースを確認すればそれは一目瞭然。

みんなイヤホンも使わずにスマホのちっこいスピーカーから出るスッカスカの音を聴きながら動画を見ている。

低音域なんて殆ど聴こえちゃいない。

投稿者の思い描いた音のバランスとは全く違う聴こえ方で視聴者に届いていることが非常に多い。

この音量バランスのギャップをちゃんと意識しておいた方が良い。

いつもパソコンだけで作業をしている人は、一度で良いから自分の動画の音をスマホで確認してみると良い。

きっといつも聴いてる音のバランスとは若干違うことに気付くはずだ。

そして、それが視聴者に届いている音だということを認識して欲しい。

聴きとり易い音のバランスを求めて試行錯誤する上で、これは一番重要なことだと思う。


今回のまとめ

・実況動画の主役は声

・音質にこだわる前に音量バランスをとれ

・音量調整でカバー出来ないときは音質加工でカバー

・全部出来たらスマホで確認



音量と音質はいくら突き詰めても終わりが無い。

試行錯誤を毎回繰り返していくうちにだんだんと聞きとり易い自分の音作りに辿りつくもんだと思う。
スポンサーサイト

知って得する編集の小技

koeda.jpg
動画編集にはセオリーがある。

それは動画編集に馴れていくうちにだんだんとわかってくる。

しかし、意外と知らない小さなテクニックってのも沢山あるもんだ。

今回はそんな実況プレイ動画を編集する上で知っておくと便利な小技を紹介しようと思う。


聴かせる加速1.3倍速
brz080305r.jpg
動画の途中で倍速編集をするときは、だいたい2倍速や1.5倍速を使う人が多いんじゃないだろうか。

私は2倍速をよく使っている。

でも、実はたま~に1.3倍速くらいの微妙な加速を使うことがある。

この微妙な倍速の使い方を知っておくと便利だ。

どんなときに使うかと言うと、動画を加速させつつ実況の声をちゃんと聞かせたいときに使うんだ。

2倍速だと実況の声をちゃんと聴きとるのは難しい。

1.5倍速にすれば聴きとることは出来るけど、視聴する側が相当集中していないと聴き逃すことが多い。

そこであえて1.3倍速という微妙な加速にすることで、実況の声をちゃんと聴かせながら加速することが出来るんだ。

実況自体は面白いことを言えているのにゲーム進行がグダッっているような場面ではこの1.3倍速を是非活用してみて欲しい。


意外と知らないカット+効果音
175-1024x562.jpg
動画をカット編集する際、ブツ切りにして繋ぐのがとりあえず基本。

それにフェイドを入れてみたり画面を回転させてみたり、色々なエフェクトを追加する。

ここまでは誰でもやっている。

せっかくだから、もう一つの方法を知っておくのも良いと思う。

それは効果音を入れることだ。

わかり易い例で言うと、有野課長でお馴染みのゲームセンターCXだ。

ゲームセンターCXではゲーム画面のカット編集のときにブツ切りの動画を繋いで「パシュッ」という機械的な効果音が入る。

コレが良い感じにテンポ感を出していて、さらに視聴者にカット編集が入ったことを音で認識させている

同じような場面どうしをブツ切りで繋いだ際は、視聴者は画面配置が若干ズレたことに違和感を覚えて一瞬戸惑うこともある。

しかしちょっと効果音を入れるだけで、視聴者にカットが入ったことを音で認識させて違和感を無くすことが可能となる。

エフェクトを入れるところまでは誰でもやっているけど、効果音まで入れて編集する実況者は少ない。

こういう細かいポイントで他の実況者との差別化を図るというのも個性的で良いと思う。

まぁ、私は面倒くさいからいつもブツ切り編集だけど・・・。


よく見かけるスローからの静止
4-500x285.jpg
最後は、よく見かけるけど「やり方がわからない」という人が意外と多い技法。

スローからの静止を紹介しておこうと思う。

ゲーム中に重要なシーンが一瞬チラッと映った場面等にリプレイでよく使われる技法だ。

「おわかりいただけただろうか…」等の文字による編集と併用すると効果的。

「スロー編集までは出来るけど、その後に重要なシーンのところで数秒間静止させるのはどうしたら良いの?」って思う人がわりと多いようだ。

編集ソフトによっては再生速度を数秒間0にすることでコレを実現することもできるようだが、実はもっと単純で簡単に誰でも出来る方法がある。

動画をカットして静止画のスクリーンショットを挿入するだけだ。

単純なことなのだがこれが意外と盲点だったりする。

編集をしていると動画を加工することばかり考えて、静止画を動画と動画の間に挟み込むという発想が思い付かなかったりする。



今回のまとめ

今回紹介した小技は全て誰でも出来る簡単な編集技法だ。

知ってる人からしたら当たり前の編集だけど、知らない人からしてみたらコロンブスの卵。

好きな実況者の動画を見たときにこういう些細なポイントに気付けるようになれば動画編集のセンスはどんどん研かれる。

他人の良いところはどんどん盗んで、そこから自分らしさのある編集を模索すると良い。

それがハイセンスな編集力に繋がって行く。

最後まで見るてもらうには

7I6Sg.jpg
動画を最後まで見てもらうには極力見る側のストレスを減らすことが重要だ。

視聴者は退屈になった瞬間にその場でその動画を見るのをやめてしまう。

グダッたら動画を最後まで見てもらえないんだ。

今回はグダらない為のテクニック視聴者が途中離脱しないような工夫について書いてみようと思う。


冒頭の挨拶はコンパクトに

image02.gif
動画の最初にはまず挨拶をする。

そして今回プレイする動画の簡単な説明を入れたりするだろう。

ここで重要なのは、視聴者はゲームを見に来ているのであってグダグダ長い挨拶や説明を聞きに来ている訳じゃないということだ。

「おはようございます。こんにちは。こんばんは。○○です。はじめましての人ははじめまして。そうじゃない人はいつもありがとうございます。今回はこの○○というゲームをプレイしたいと思います。このゲームは○○年のゲームで、以前から一度プレイしたいと思っていたんですがなかなかプレイする機会がなくて、今日たまたま中古ゲーム屋さんに行ったら見つけたんで、つい衝動買いしちゃったんです。このゲームは○○が特徴的でレビューの評価も高いし・・・」

そんなのどうでも良いわ!

はよゲームしろ!!

・・・って思ったこと無いかい?

ゲームを始める前に色々と喋りたくなる気持ちは非常にわかる。

いや、むしろどっちかっていうと私も前置きが長くなるタイプだ。

しかし、視聴者にとってはそんなのマジでどうでも良いことなんだ。

説明したいことがあるならば、ゲームを始めてからどこかのタイミングで言うようにした方が良い。

どんなに良い動画でも開始から15秒までで半分以上の視聴者が離脱する。

開始から30秒までには2/3以上の視聴者が動画を離脱すると言われている。

この最も重要な冒頭のタイミングでグダッてしまったら、その後の映像は一切見てもらえない。

ダラダラ長い前置きをしているとゲームが始まる前に視聴者は全員離脱してる。

そして余談だが、冒頭の挨拶をコンパクトにしようとするあまり早口になり過ぎて何言ってるか全然わからない輩も多いので注意だ

アレはアレでイラッと来る。


出落ちは最高の起爆剤

45515373_624.jpg
前項でも書いた通り、最初の15秒までで半数の視聴者がその動画から離脱する。

逆を言えば、開始から15秒までは皆見てくれていると思って良い。

これを利用しない手は無い。

簡単なのは動画のド頭で一発ボケを入れることだ。

「何コイツwwwおもしれぇwww」って思ってもらえたら、そこから視聴者の動画離脱率は一気に低下する。

動画の冒頭に一番適していることのは、長ったらしい前置きではなく秀逸なひとボケである。

私が成功した例を一つあげておく。


このシリーズでは再生回数の落ちる第2話以降から出落ちでエロしりとりのボケを入れることで視聴者維持率を保つ工夫をしている。

出落ちボケとサムネホイホイを組み合わせることで驚異的な視聴者維持効果を発揮した。


生放送の垂れ流し

v0FlAhLF.jpeg
視聴者が動画を離脱する理由の大きなウェイトを占めるモノと言えば垂れ流しだ。

最近ではPS4のブロードキャストを使って誰でも簡単に生放送で高画質の実況が出来るようになった。

しかし、そのせいで編集ゼロの生放送垂れ流しチャンネルが乱立している

私はそれを見る度に「あ~ぁ、この人も勿体ないなぁ…」と思う。

生放送ってのは生で見るから面白いのであって、動画として見てもダラダラと長くてメリハリの無い動画が殆どだ。

1時間や2時間の長い垂れ流しバックナンバーがズラ~ッとチャンネルに並んでいたとして、果たして何人の人がそれを「全部見よう」と思ってくれるだろう?

「めんどくさいから」という理由で編集を放棄して生放送だけやる実況者も多いけど、視聴者も同じく「めんどくさいから」という理由で長時間の垂れ流し動画をスルーする傾向にある。

垂れ流しだけで最初から最後まで全部見てもらえるなんて思わない方が良い。

しかし、逆に生放送したモノでも後からちゃんと編集して見易く加工すれば、最後まで見てもらえる確立は格段にアップする。

私の動画で一つ例をあげてみよう。


この動画の視聴者維持率は約40%

このシリーズでは生放送で公開収録した動画を見易くコンパクトにまとめて投稿している。


そしてこちらが同じ内容で公開収録のときの模様をノーカットで垂れ流しにしたもの。

こちらの垂れ流し動画の視聴者維持率は約23%

カメラで表情を見えるようにしたり視聴者のライブチャット欄を出す等、退屈しないような工夫をしたとしても2倍近く視聴者維持率が違う。

カット編集をしてグダりの解消をするだけで最後まで見てもらえる確立が結構上がるようだ。


アイキャッチ活用法

8d1c7d015328077ec1e720651fb1b535.png
動画のグダりの解消法としてアイキャッチを使う手法がある。

簡単な方法で結構な効果が期待できるので是非試してみて欲しい。

アイキャッチとはカットした動画と動画の間に静止画を挿入することで動画にメリハリを付けてテンポ感を出す方法だ。

絵の得意な人なら自分で絵を書いてみるのも良い。

絵が苦手な人ならゲームの中のワンシーンをスクショで撮って差し込んでみても良いだろう。

普通にカット編集するだけよりテンポ感が出るので視聴者の離脱を回避するには効果的だ。


この動画は私が大好きな古参実況者hacchiさんのアウターワールドシリーズだ。

カットの際に入るシュールで下手くそな絵が動画のテンポ感を出していて非常に見易くなっている。


これは私のサブチャンネルで企画したダークソウルⅡの縛りプレイシリーズだ。

このシリーズではOPと次回予告が心地よいテンポ感なのに反して、動画本編がかなりグダっている。

だから動画の中盤でアイキャッチを入れてちょっとでもテンポ感を出すことにした。

視聴者が動画を見るのに飽きて来たあたりでスッとアイキャッチが入るだけで、その後の維持率は結構違うと思う。


今回のまとめ

動画は最後まで見てもらって初めて価値がある。

再生回数が多ければ良いというもんじゃない。

再生回数なんてサムネホイホイで誰でも稼げる。

Youtubeではアナリティクスという機能を使って視聴者維持率等を見ることが出来る。

これを参考に自分の動画をどれだけの人が最後まで見てくれているかチェックしてみるのも良いと思う。

サムネ一本釣りのクソ動画が多くなっている昨今において、最後まで見たくなるような価値のある動画が増えることを願っている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。